• 祖国独立のために喜んでこの身を捧げました
  • kimcheol memorials
  • 김 철(金 澈) (1886) ~1934. 6. 29 號 : 一江 이명 : 金重淸・金永澤
  • 일강김철선생
  • 무궁화
  • Home 
  • > 咸平郡報勲施設 
  • > 石井安厚德生家 

石井安厚德生家

석정 안후덕 생가

석정 안후덕 생가

石井安厚德生家_ 独立運動家安厚德
  • 位置 : 全南咸平郡月也面礼徳里139番地
  • 敷地 : 1.025㎡
  • 建物 : 母屋(82.5㎡)、舎郎棟(56.1㎡)、行廊棟(49.5㎡)、門間棟(39.6)及び垣根/大門設置(320m)
  • 事業費 : 11億 3.400万ウォン(国費3億4.000万ウォン、道費3億9.700万ウォン、郡費3億9.700万ウォン)
  • 推進実績
    • - 基本計画樹立及び資料収集 /予算確保(郡費1億ウォン、国費9.000万ウォン)
    • - 生家設計実施後、復元完了 (追加確保予算建議 /推進中)
咸平郡月也面礼徳里イェドン村に生まれ(1905.11.11)徽文中学校修学中に一江金澈先生と出会い、臨時政府運営資金を提供し、白凡金九先生愛国団に加入(19歳)、活動中に軍資金募金の使命をかかえて一時帰国、全財産を預けて当時額の4万5.000ウォンを臨時政府の運営資金として献納(21歳)、中国本部韓人青年同盟に加入、上海総会で上海支部委員長に選出、抗日檄文を上海市内に撒布、中央執行委員で活動中に再度独立資金を募金するために帰国していた途中に逮捕されて懲役5年を言い渡され服役、出所後42歳の短い一生を終えるまで祖国の独立のために心身共に献身した崇高な愛国精神を称えて歴史的な生きた教育の場として活用するために造成された事業である.