• 祖国独立のために喜んでこの身を捧げました
  • kimcheol memorials
  • 김 철(金 澈) (1886) ~1934. 6. 29 號 : 一江 이명 : 金重淸・金永澤
  • 일강김철선생
  • 무궁화
  • Home 
  • > 歴史紀行 
  • > 独立と帰国 

独立と帰国

독립국을 향한 독수리 작전
1945年太平洋戦争が最終段階に入ると光復軍と中国に派遣されたアメリカ戦略事務局は光復軍を国内に潜入させ、諜報と破壊工作が可能な短期間秘密諜報訓練の実施に合議し「イーグル作戦(The Eagle Project)」という名前で国内進入作戦を行うようになった.
これらは1945年5月から中国西安近郊の杜曲と負陽で3ヶ月過程のOSS訓練を受け、8月4日に1期生の訓練が完了した。これに臨時政府は当時中国内のOSS責任者であるドノバン(Wiliam J.Donovan)所長と訓練状況を点検し、これらを国内に浸透させることに合議したが、8月15日日本軍の降伏により実現することはなかった.
このような光復軍の国内進入作戦は作戦の実現如何も重要だが、祖国の独立と民族の解放を自主的に争取しようとする韓民族の自主独立に対する意志を象徴するものであった.
독수리작전
독립과 환국
1945年8月15日、日本軍の無条件降伏は36年間の殖民治下から脱するという喜びと共に臨時政府が推進していた光復軍の国内進攻作戦が霧散になってしまったというもどかしさをも残した。臨時政府は1945年9月、帰国と独立国家樹立のための方向性と誓いを発表し、その年11月23日、韓国国民の歓迎の中で27年間の亡命生活を終止符を打って帰国した.
1945年8月15日、日本軍の無条件降伏は36年間の殖民治下から脱するという喜びと共に臨時政府が推進していた光復軍の国内進攻作戦が霧散になってしまったというもどかしさをも残した。臨時政府は1945年9月、帰国と独立国家樹立のための方向性と誓いを発表し、その年11月23日、韓国国民の歓迎の中で27年間の亡命生活を終止符を打って帰国した.