• 祖国独立のために喜んでこの身を捧げました
  • kimcheol memorials
  • 김 철(金 澈) (1886) ~1934. 6. 29 號 : 一江 이명 : 金重淸・金永澤
  • 일강김철선생
  • 무궁화
  • Home 
  • > 記念館紹介 
  • > 概要及び設立の背景 

概要及び設立の背景

일강김철선생기념관 전경
김철기념관은...
新光面咸井里に10.770㎡の広さで位置しており、湖南の代表的な独立運動家である一江金澈(1886~1934)先生を記念する祠堂、修養館、記念館、管理舎などがある。
金澈先生生前の写真、遺物などや、独立運動当時に活動した頃の各種資料が展示されており、臨時政府会議の場面などが再現されている
金澈先生が生前に白凡金九先生と共に李奉昌、尹奉吉義士の義挙を主導し、中国上海臨時政府で国務委員財務長などを歴任した独立運動家としてその活動状況がうかがえる。
2006年度10月の独立運動家として国家報勳処に選ばれた。

상해임시정부청사(독립기념관)

なぜ咸平に再現されるようになったのか?
湖南の代表的な独立運動家一江金澈先生は咸平出身で新光面咸井里に生まれた。中国上海に亡命して新韓青年党を組織して国内にしのび込み、3・1独立運動の巨事を謨議するなど中枢的な役割りを果たした
金澈は故郷の千石の財産を処分して上海臨時政府庁舍のために寄与し、残りは独立運動資金として使った。後に上海臨時政府の交通次長、国務院会計検事院長、軍務長、財務長などを歴任し、臨時政府の樹立と運営に主導的な役割りを果たしたこ
のような崇高な独立愛国精神を称え、後世に愛国忠節と護国報勲精神を涵養させるために先生の故郷である咸平に上海臨時政府庁舍を再現することになった.
上海臨時政府庁舍の再現
上海臨時政府庁舍(1962年6月~1932年4月)は大韓民国臨時政府を誕生させる「胎動期」の役目を担当した所で、李奉昌、尹奉吉義挙などを計画して行った所である。上海臨時政府庁舍の1階は会議室と厨房として使われ、2階は執務室、3階は宿所として使われた。咸平独立運動歴史館は中国にある上海臨時政府庁舍の様子をそのまま再現しただけでなく、机、ベッドなど各種の小物に至るまで中国現地で直接製作した.
임시정부 회의실, 집무실, 숙소